行政機関・金融機関向け

預貯金照会
デジタルソリューション

DAIS

DAISは、滞納処分や生活保護の受給判定などを
目的として行う預貯金照会における、行政機関と
金融機関向けのデジタルソリューションです。

お知らせ

お知らせをさらにみる

ダイスDAISとは

行政機関と金融機関で行ってきた紙ベースの口座照会業務を、デジタルでワンストップで行えるようにするサービスです。行政機関と金融機関の財産調査に関わる業務を効率・迅速化し、負担を軽減します。

行政機関様のケース

金融機関様のケース

導入効果

行政機関の導入効果

  • 預貯金照会業務の迅速化
    預貯金照会に対する金融機関からの回答に約1週間~2ヶ月要していたものが、照会ファイルの統一及び処理の電子化により、最短翌営業日(※)には回答の確認が可能となります。
    ※金融機関の仕様によって、回答期間は異なります。
  • 電子化による業務の効率化
    紙で保管していた口座の取引明細についても電子化することにより、照会結果の管理・検索が容易になります。また、滞納整理システムとのデータ受け渡しを可能とすることで更なる業務効率化を実現します。
  • 事務負担の軽減
    従来は各金融機関と個別に協議し、照会件数の上限設定や運用ルールの取り決めが必要となっていました。
    参加機関はすべて同一の運用ルールで照会・回答するため、個別の交渉などは不要になります。
  • 情報セキュリティの強化
    これまでの紙や電子媒体でのデータの受け渡しは、情報の紛失・漏洩のリスクを伴います。LGWANなどのセキュアなネットワークを用いてデータを取り扱うことで、情報セキュリティの強化につながります。

金融機関の導入効果

  • 業務効率化によるコスト削減
    従来は各行政機関からの照会に対応するために体制や要員の確保が必要でした。
    DAISとRPAまたは金融機関のシステムとデータ連携することにより、人件費の大幅削減や業務効率化を実現します。また、電子化が難しい業務を含めた一括受託も可能です。
  • 事務負担の軽減
    従来は各行政機関と個別に協議し、照会件数の上限設定や運用ルールの取り決めが必要となっていました。参加機関はすべて同一の運用ルールで照会・回答するため、個別の交渉などは不要になります。
  • 情報セキュリティの強化
    これまでの紙や電子媒体でのデータの受け渡しは、情報の紛失・漏洩のリスクを伴います。LGWAN、IP-VPNなどのセキュアなネットワークを用いてデータを取り扱うことで、情報セキュリティの強化につながります。

特長

  • 金融機関業務や行政機関業務の受託実績から得られた
    ノウハウを集結したソリューション
    SocioFutureは、長年にわたって培った金融機関業務や行政機関の催告業務の受託実績から得られた業務ノウハウをベースにDAISを設計しており、信頼できる運用体制を有しております。
  • 全国の78の行政機関と14の金融機関による実証実験を経て、
    預貯金照会にかかる運用フローを検証済み
    北海道から沖縄まで10地域に及ぶ実証実験を実施いたしました。ご参加頂いたお客さまは、広域自治体、基礎自治体、広域連合、メガバンク、地方銀行、信用金庫といった多様な機関であり、DAISが全国規模でご利用頂けるサービスであることを検証しております。
  • 行政機関と金融機関のつながりをスムースにする、
    「預貯金照会システム」特許の取得
    行政機関・金融機関は、1つのファイルの送受信で複数の相手先に照会・回答をすることが可能です。 照会先・回答先毎にファイルを作成・処理する必要はありません。

提供方法

※1)LGWAN-ASPサービスとは、非常にセキュアな行政専用のネットワーク「LGWAN」を介して、利用者である地方公共団体の職員に各種行政事務サービスを提供するものです(ASPコード:A801499)

※2)LGWAN接続端末をご用意頂きます。端末側の環境として、Internet Explorer 11、Microsoft Edge、Google Chromeのいずれかが稼動するMicrosoft Windows OSをご準備願います。
LGWANに接続していない行政機関も別途専用線等の接続によりご利用可能です。

※3)その他環境準備については、ご案内いたします。

お電話でのお問い合わせ

03-5819-0972

(DAISヘルプデスク 平日9:00 - 16:00)