MENU

Remote specified health guidance

遠隔特定保健指導

特定健診の結果から特定保健指導の対象となった方に、健康サポートセンターの管理栄養士や健康運動指導士が、栄養指導や運動指導などの生活習慣改善の支援を行います。スマートフォン等を利用し、手軽にアドバイスを受けられるようになり、病気になるリスクをより小さくすることができます。

特徴・導入効果

  • 生活習慣病予備軍に指定された対象者の病気になるリスクを小さくすることができます。

    生活習慣予備軍の罹患リスクの低減に
    貢献します。

  • 対象者の都合に合わせて、テレビ面談や電話、メールで専門家による的確なアドバイスを受けることができます。

    保健指導実施率の向上による健康経営を実現します。

  • 管理栄養士と健康運動指導士が常駐しているため食事と運動の両面から支援を受けることができます。

    検診当日のICT初回保健指導を
    提供します。

サービス概要

スクロール
サービス概要

専任の管理栄養士や健康運動指導士が個別にテレビ面談・電話・メールなどで食事の栄養バランスや手軽な運動方法などをアドバイスし、実行を3ヶ月間フォローします。指導・改善結果は保険者に報告し、翌年度のデータヘルス計画に反映されます。