MENU

Joint Bill/Tax
Public Money Affairs

手形・税公金事務共同化

金融機関の店頭では、企業が支払のために振り出した約束手形や小切手や税金等の収納を行っています。手形・小切手や税金の領収書は一定期日までに経理され、資金の受取人の預金口座に正しい金額が振り込まれる必要があります。ビジネスオペレーションセンター(BOC)では、手形等の仕分け・経理の事務を金融機関からの委託を受けて行っています。

特徴・導入効果

  • 同一地域の複数金融機関の事務を共同化することで、設備や警備会社を共同利用できるため、単独で行うよりコストを削減できます。

    同一地域の複数金融機関の事務を共同化することで、設備や警備会社を共同利用できるため、単独で行うよりコストを削減できます。

  • 企業間の資金決済が電子化された場合でも手形等が残る間はその情報の電子化と経理処理が必要ですが、これら事務にも対応できます。

    企業間の資金決済が電子化された場合でも手形等が残る間はその情報の電子化と経理処理が必要ですが、これら事務にも対応できます。

サービス概要

スクロール
サービス概要

同一地域に所在する複数金融機関の店舗から回収された手形・小切手、税金領収書等をBOCに集約し、OCR読み取り機でデータ化した後、金融機関別・科目別・資金決済日別等に経理し、手形等の現物と照合します。このデータを金融機関に提供し、決められた日に預金口座を通じて資金決済されます。